よい職場が見つかる医師の医療求人 

医師の医療求人について

私は現在新潟県の精神科の病院で勤務している男性です。私の病院では現在医師不足の問題が深刻化してきています。そのために、医療求人情報を病院から毎週のように発信更新しているのですが、現状は厳しく医師は来ない様子です。他の精神科の病院でも同じような医師不足が問題視されているようで、よく他の病院に年に数回視察に行くのですが、閉鎖をしなければならないような病院もあるくらいです。他の一般病院での医師は数は足りているようで、外科や内科、整形などは充分な人数は確保できているようです。精神科は人気が無いようで、その他に小児科の医師も不足しているとよく聞きます。私の病院では常勤の医師が2名と少なく、3分の2以上の患者さんを2人で担当して毎日診察やカルテの記載などとても忙しそうに勤務されています。当直医やその他2人の常勤の医師では見きれない患者さんについては、大学病院と連携しているために、助けに来てもらっています。それでも大学病院で勤務する先生は大学での勤務もあるために、週に1度しか来れずに担当の患者さんは診察は週に1度きりとなっています。現在私の勤務する病院は2年後に新築の病院にするために、今色々と準備していますが、病院が新しくなっても医師の数が少ないと経営も困難なため、2年間のうちに最低でも常に勤務できる医師を2名確保しなければならない状況で、事務長などは毎日のように他の病院や大学などへ足を運び勧誘しています。

医師は毎年多く誕生していると思うのですが、各部門に進路が偏りすぎてこの様な状況を引き起こしているのだと感じます。患者さんが多く治療を必要としているのに医師がいないのでは病院としても成り立たないために、将来的には小児科や精神科の医師がもっと増えるように今から早急に国レベルで対策を練っていく必要があるのではと私自身考えます。患者さんは平等に治療を受ける権利があるために、少しでも状況改善をしてほしいと切に願います。

人気のこの話、整理されている下記のサイトがお勧め